CentOS一覧

git リモートリポジトリ設定

・サーバー側

cd /home/git
mkdir app.git
cd app.git
git init –bare –shared

・ローカル側

git remote add origin ssh://192.168.15.202/home/git/app.git


centos NFSの設定

サーバー側

yum -y install nfs-utils
vi /etc/exports

マウント設定を記述

/mnt 192.168.15.0/24(rw,no_root_squash)

service rpcbind start
service nfs start

chkconfig rpcbind on
chkconfig nfs on

クライアント側

yum -y install nfs-utils

service rpcbind start
service netfs start

chkconfig rpcbind on
chkconfig netfs on

mount -t nfs 192.168.15.201:/mnt /mnt

マウントを確認

df

システム起動時に NFSマウントするよう設定しておきます。

vi /etc/fstab

192.168.15.201:/mnt /mnt                  nfs     defaults        0 0



SELinuxを無効にする方法

selinuxの確認

sestatus

出力結果がenforcedの場合はselinuxが有効
出力結果がdisabledの場合はselinuxが無効

有効の場合はファイルを編集して無効に設定する

vi /etc/selinux/config

CentOS MySQL インストールと設定

CentOSにMySQLをインストールする

yum install mysql-server

mysqlデーモンを起動する

service mysqld start

mysqlにログインする

mysql

初期時はrootにパスワードが設定されていないため、設定する

grant all privileges on *.* to 'root'@localhost identified by 'password';
flush privileges;

 

 

 

 

 


CentOS6 に PHP を バージョン指定 で インストール 

epelリポジトリを使えるようにインストールする

rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-6.noarch.rpm

remiリポジトリを使えるようにインストールする

rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

phpをバージョン指定でインストール

yum install --enablerepo=remi,remi-php56 php php-mbstring

CentOS6 Apache の設定

CentOS6 Apache 設定

ホームページを公開するのに必要なWebサーバーがApache

 

Apacheインストール確認

httpdがインストールされているか確認する。

[root@localhost ~]# yum list installed | grep httpd

なければインストールする。

yum -y install httpd

 

設定ファイルの確認

設定ファイルのhttpd.confを確認する。

[root@localhost ~]# cd /etc/httpd/conf
[root@localhost ~]# vi httpd.conf

DocumentRootに指定されているディレクトリがホームページ公開用フォルダ。

# DocumentRoot: The directory out of which you will serve your
# documents. By default, all requests are taken from this directory, but
# symbolic links and aliases may be used to point to other locations.
#
DocumentRoot "/var/www/html"

index.htmlファイルを作成し、ドキュメントルートに設置する。

<html>
<body>
Hello World!
</body>
</html>

 

Apacheの起動

Apacheを起動し、再起動時の設定もおこなう。

[root@localhost ~]# service httpd start
[root@localhost ~]# chkconfig httpd --list

 

ブラウザで確認

http://localhost/で確認する。


CentOS6 SSH 接続 するための設定

CentOS6 SSH 接続 をおこなうための設定方法。サーバを構築する際には必須の設定になるかと。

 

SSH インストール

SSHがインストールされているかどうかを確認

[root@localhost ~]#yum list installed | grep ssh

なければインストール

[root@localhost ~]#yum -y install openssh-server

 

ネットワーク の設定

設定ファイルを開く。

[root@localhost ~]#cd /etc/sysconfig/network-scripts
[root@localhost ~]#vi ifcfg-eth1

編集内容

DEVICE=eth1
TYPE=Ethernet
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
HWADDR=物理アドレス #ifconfigコマンドで確認する
NAME="System eth1"
IPADDR=192.168.15.204 #設定したいIPアドレス
NETMASK=255.255.255.0
IPV6INIT=no

設定は以上

 

ネットワーク の確認

ネットワークを再起動

[root@localhost ~]#service network restart

ifconfigコマンドでIPアドレスが設定されていることを確認

[root@localhost ~]#ifconfig

inet addr:192.168.15.204となっていることを確認

eth1      Link encap:Ethernet  HWaddr 08:00:27:70:**:**
          inet addr:192.168.15.204  Bcast:192.168.15.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::a00:27ff:fe70:****/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:190 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:267 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:23171 (22.6 KiB)  TX bytes:73626 (71.9 KiB)

 

SSH 起動設定

SSHを起動します。サーバーが再起動する際の自動起動設定もおこなう。

[root@localhost ~]#service sshd start
[root@localhost ~]#chkconfig sshd on

 

SSH 接続 確認

ターミナルで接続を確認

ログインできた