CentOS6 SSH 接続 するための設定

スポンサードリンク

CentOS6 SSH 接続 をおこなうための設定方法。サーバを構築する際には必須の設定になるかと。

SSH インストール

SSHがインストールされているかどうかを確認

[root@localhost ~]#yum list installed | grep ssh

なければインストール

[root@localhost ~]#yum -y install openssh-server

ネットワーク の設定

設定ファイルを開く。

[root@localhost ~]#cd /etc/sysconfig/network-scripts
[root@localhost ~]#vi ifcfg-eth1

編集内容

DEVICE=eth1
TYPE=Ethernet
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
HWADDR=物理アドレス #ifconfigコマンドで確認する
NAME="System eth1"
IPADDR=192.168.15.204 #設定したいIPアドレス
NETMASK=255.255.255.0
IPV6INIT=no

設定は以上

ネットワーク の確認

ネットワークを再起動

[root@localhost ~]#service network restart

ifconfigコマンドでIPアドレスが設定されていることを確認

[root@localhost ~]#ifconfig

inet addr:192.168.15.204となっていることを確認

eth1      Link encap:Ethernet  HWaddr 08:00:27:70:**:**
          inet addr:192.168.15.204  Bcast:192.168.15.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::a00:27ff:fe70:****/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:190 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:267 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:23171 (22.6 KiB)  TX bytes:73626 (71.9 KiB)

SSH 起動設定

SSHを起動します。サーバーが再起動する際の自動起動設定もおこなう。

[root@localhost ~]#service sshd start
[root@localhost ~]#chkconfig sshd on

SSH 接続 確認

ターミナルで接続を確認

ログインできた

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする